豆腐と納豆

アグリコン型のイソフラボン

イソフラボンには、自然そのままの形であるグリコシド型という糖の付いた状態と、糖の外れたアグリコン型のイソフラボンがあります。
そして、アグリコン型は糖が結合していないため、グリコシド型よりも分子量が小さく、その分吸収率が高くなる傾向があるので、それによって効果も出やすいのではないかと期待されています。
グリコシド型だと、一度糖を外すという操作を行わなければならないことから、イソフラボンが吸収されず、そのまま排泄されてしまうという結果になってしまう可能性があります。

特に、グリコシド型は腸で吸収されるのですが、その時時の腸内環境によって吸収率が変動することから、特に便秘がちな女性にとってはあまり吸収率の上昇が期待できません。
ここまで、アグリコン型イソフラボンを一種類のように語ってきましたが、実は、アグリコン型イソフラボンというものの中にも種類があるのです。
ダイゼイン、グリシテイン、そしてゲニステインの3種類です。

この分類は、エストロゲンという女性ホルモン様作用がどれほど強さによって分かれています。
まず最もエストロゲン様作用が一番強くでるのが、ゲニステインです。
逆に、作用がほぼ見られないのが、グリシテインです。

そして、エストロゲン様作用が少し見られるのが、ダイゼインです。
実は、私たちの健康、そして美容に最適なのは、エストロゲン様作用が少しだけであるダイゼインなのです。
エストロゲン様作用が最も強いゲニステインが効果があるから良いように思えますが、実は作用が強過ぎると副作用が懸念されます。

代表例としては、発がんリスクを高める可能性があります。
乳がんや前立腺がんなどの性ホルモン依存性のがんはとくに危険があるとされています。
また、男性であれば過剰摂取すると胸が膨らむ、精子数が少なくなるなどの女性化による副作用があります。
身体に良い効果http://xn--eck7bvd2a5dzc1813a4ef9sa448n9e5a.com/はたくさんありますが過剰摂取には気をつけて、サプリメントなどでは用法用量をきちんと守りましょう。

Copyright(C) 2013 美容にも健康にも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.